劇団コギトとは

劇団コギトは、一橋・津田塾・実践女子・東京薬科・東京女子・首都大東京などの様々な大学の学生によって構成されている演劇サークルです。
劇団名にある「コギト」の由来は、ルネ・デカルトの言葉“cogito, ergo sum”(我思う、ゆえに我あり)から来ています。

劇団プロフィール

名称 劇団己疑人(コギト)
公認 一橋大学公認サークル、津田塾大学公認サークル
活動拠点 一橋大学西キャンパス学生会館1階アトリエ(演劇練習室)
連絡先 こちらをご覧ください
SNS Twitter @cogitomember
Facebook 劇団コギト

活動内容

当劇団では4・7・11月と年に3回の本公演を行っています。 また、それ以外の時期にも、劇団員有志によって企画公演を行うこともあります。
公演への関わり方としては、役者・スタッフ(音響、照明、宣伝、制作など)といった役職の希望を公演ごとに団員から取り、その後、本番に向けてそれぞれ仕事をこなしていくという形になります。

活動日・活動場所

本番の2ヶ月程前から稽古・スタッフワークを開始します。
頻度としては週に4・5日行われます。
役者の場合は活動日には極力参加しなければなりませんが、スタッフの場合、役職次第では、週1回程度の参加で十分に仕事をこなせるものもあります。
詳しい活動日程は、公演ごとに演出と相談して決めています。
活動場所につきましては、一橋大学の学生会館内にある演劇練習室(通称“アトリエ”)を拠点としております。

本番でみなさまに面白い舞台を観てもらうために、団員一同日々の稽古やスタッフワークに取り組んでいます。見てもらうことで初めて舞台が完成します。
入団希望の方は、稽古見学を随時受け付けておりますので、その際はお気軽にご連絡ください。
少しでも演劇をやってみたいという方ならば、もちろん経験は不問です。
皆様と会場でお会いできますことを心より楽しみにしております。

最終更新 : 2014/07/27
ページの先頭へ

先頭へ